トピックス 試合

<公式>監督コメント(第31節 コンサドーレ札幌戦)

投稿日:

監督コメント

[ハーフタイム]
鹿島アントラーズ:大岩 剛
・前がかりになった時のリスクマネージメントを忘れないこと。 
・全体のセカンドボールの反応も良いので、後半も続けよう。 
・じれずに攻撃すること。サイドを起点に幅と深さを使って攻めていこう。

北海道コンサドーレ札幌:四方田 修平
・やっていることは悪くない。前半と同じ強い気持ちを貫いてやり続けること。 
・守備は粘り強く。攻めているときのリスクマネージメントをしっかり。 
・ここから集中して、立ち上がりは強く入ろう。

[試合後]
鹿島アントラーズ:大岩 剛
ゲームコントロールをすることができた90分だったと評価している。札幌が前半からタイトでアグレッシブな試合をしてきて、少し受け身になってしまった部分はあったが、流れを引き戻すことができた。 

Q.チームとして結果が出ていない中での試合だったが、どのように立て直したのか? 

A.この2試合に限って言えば、敗戦はしたとはいえ、内容は良いものだった。それは選手にも伝えた。試合の中で状況を読むこと、やるべきことを都度、意思統一をすること。それをチーム全体でやったことが今日の試合で生きたと思う。 

Q.選手を送り出す時にどのような言葉をかけたのか?相手がタイトに来て苦しんだ中で、どのようなことをして流れを引き戻したのか? 

A.試合に入ってみないと相手のアグレッシブさを感じることはできない。状況を読むことを徹底しようと毎試合伝えている。この2試合を通じて、気持ちが入っていないわけではないが、プレー強度を高めていこうと話した。攻撃ではボールホルダーに積極的に絡んで追い越していったり、守備ではしっかりと前線から制限をかけてアグレッシブにやろうと、そういう形で原点に戻ろうと伝えた。 

Q.残り3試合になったが、どのような戦い方をしたいか? 

A.ここまで来たら、やり続けてきたことを続けていくだけ。それを選手たちに伝えたい。

北海道コンサドーレ札幌:四方田 修平
前半はコンパクトに守って、ボールを奪ってチャンスにつなげるプレーや、クロスからフィニッシュにつなげるプレーは中盤まで数多く出せた。終盤は押し込まれる場面も続いたが、ある程度はやりたいことができた。後半の入りで失点してしまったことに関しては、注意していた中でのことだったので反省している。ただ、そこから落ちずに盛り返せて同点にできたことは成長だと思う。勢いに乗って逆転につなげたかったが、金崎選手と土居選手に再三、裏に走られていた部分が効いたと思う。DFラインを責めることはできない。アントラーズの2トップの「繰り返す強さ」を感じたい。何とか追い付こうという気持ちで戦ったが、それを削がれるようにボールキープをされてしまって、試合巧者という形で試合をまとめられてしまった。日曜日の夕方にこれだけのサポーターが集まってくれて恩返ししたかったが、感謝している。J1残留という形で恩返しできるように切り替えて頑張りたい。

公式に監督コメントが掲載されています。

大岩監督の「やり続けていくだけ」というコメントが、チームに自信と安定感をもたらしますね。

残り3節となり、一戦一戦にかかるプレッシャーは大きくなりますが、常に勝利を目指す我らが鹿島アントラーズにとっては、やるべきことは何も変わらないですよね。

私たちサポーターも変わらず熱い応援で選手たちを鼓舞していきましょう!!

頑張れ鹿島アントラーズ!!

関連リンク

-トピックス, 試合
-

Copyright© 鹿島アントラーズ全力応援サイト【カシマアンテナ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.