内田篤人

https://www.nikkansports.com/soccer/news/201712190000391.html

トピックス 選手

内田篤人、合意なら7年半ぶり復帰に<日刊>

投稿日:

内田篤人に鹿島がオファー、合意なら7年半ぶり復帰

内田篤人

内田篤人

J1鹿島アントラーズがドイツ2部リーグのウニオン・ベルリンに所属する元日本代表DF内田篤人(29)に獲得の意思を示すオファーを出したことが19日、クラブ関係者の話で分かった。合意すれば約7年半ぶりの古巣復帰となる。

 静岡・清水東高出身の内田は2006年に鹿島に入団して頭角を現し、10年夏にドイツ1部のシャルケに移籍。今夏にウニオン・ベルリンに加わったが、肉離れなどもあり、リーグ18戦で2試合出場にとどまった。契約期間があと半年残るが、年内最終戦後には「(冬の移籍を)考えていなくはない」と話していた。

 内田は10年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会、14年W杯ブラジル大会で日本代表入り。15年6月にけがに悩まされた右膝の手術を受け、来年のW杯ロシア大会出場を目指している。

スポンサーリンク

 

日刊でも内田選手への鹿島からのオファーが報じられています。

やはり動向が鹿島サポーターのみならずサッカーファンとしても注目というところでしょうね。

内田選手は先日の岩政選手との対談でもW杯への強い想いを語っていますが、その実現にはなによりも試合に出ることが必須になります。

鹿島としては西選手が怪我で来季の開幕が厳しい状態にあり、伊東選手の活躍に期待するところではありますが、内田選手が加入となれば「鹿島イズム」という意味でも貴重な存在となります。

西選手は前目でもプレーが可能ですし、今シーズンはボランチのポジションに着く場面も見られました。

また左サイドでのプレーも可能でしょう。

そうなると左SBの山本選手の負担軽減も考えられます。

オファーを出したということはそういった広い部分での影響も考慮してのものだと思います。

今シーズンはまだ移籍に関しての大きな動きはありませんが、どういった動きがあるのかも注目ですね。

何よりも、まずは内田選手にとってベストな判断をして欲しいと思います。

そして、鹿島に移籍しW杯出場となれば、それは鹿島でフルに活躍し、チームを勝利に導く活躍をしたということになるでしょう。

鹿島ウォッチャーとしてはそうなることを希望します。

頑張れウッチー!!!

 

関連リンク

-トピックス, 選手
-

Copyright© 鹿島アントラーズ全力応援サイト【カシマアンテナ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.