http://king-gear.com/articles/583

トピックス 選手

<King Gear>西大伍、インタビューvol.3「鹿島は自分を成長させてくれている」

投稿日:

『西大伍』鹿島アントラーズ攻守の仕掛人vol.3「鹿島は自分を成長させてくれている」

鹿島アントラーズ勝利の鍵を握る『西大伍』選手は、現在30歳とJリーグの選手としてはベテランの域に入ってきているが、年齢についてどう考えているのだろうか?今後の展望等も含め、熱く語っていただいた。

――趣味はありますか。

西:はい。刺激が欲しくてジャズ・クラブのブルーノート(東京)とかに音楽を聴きに行きます。鳥肌が立つことってなかなかないですし、痺れたいんです。他に、釣りも好きです。

――音楽は素晴らしいですよね。釣りをいつからやっていますか。   

西:小さい時からやっていて、鹿嶋に来てからブラックバス釣りにはまってしまい、それから本格的にやっています。

――釣りにこだわりはありますか。   

西:道具がとにかく沢山あるんですよ。

――どれくらいのペースでやっていますか。   

西:最近はあまり行けていませんが、去年は週3ペースでした() 

――そんなにですか(笑)。練習が終わってからも釣りですか。 

西:はい。軽くですけど。オフの時もよく行きますし。

――釣りをしていて、どのような時が1番楽しいですか。   

西:釣りに行く前の日の夜が、楽しいですよ()

――(笑)。前日の夜ですか。   

西:はい。用意している時が楽しいです。

――釣りをやっている時も痺れますか   

西:はい。ジャングルみたいな場所とか、凄い景色の中での釣りは最高です。

――釣りの時に写真は撮りますか。   

西:写真も動画もけっこう撮りますね。釣りはいいですよ 意外と考えるタイプなんですけど、 釣りをしていると糸しか見てないし、他のことを考えない時間として大事にしています。

――試合中も考えますか。   

西:そこは、あまり考えてないです()。感覚でプレーしていますね。考えていたらもう遅いので、よりリラックスをしていると視野は広がります。 

――好きな食べ物はありますか。   

西:パクチー以外は何でも好きです。身体のために食べている感じですかね。オン・オフ関係なく食べていて、あまりこだわりはないです。

――普段は何を飲みますか。   

西:基本的に水以外は飲まないです。普段も、水と茶葉から入れたお茶をよく飲みます。 

――非常に健康的ですね。

話は再びサッカーについてとなります。日本代表に選ばれた時は、どう感じましたか。   

西:初代表の時は緊張しましたね。当時はコミュニケーションを取れず、試合にもほとんど出ていので、一員になれている感じはなかったです。

――現在30歳ですね。何歳までプロ選手を続ける予定ですか。 

西:自分は40歳までやると決めて、プロになりましたね。30歳までできる人もなかなかいないですけど、体力や身体のキレに衰えを感じないですし、むしろ上がっています。今まで筋トレを色々やってきましたが、去年の夏頃に止めて、何もやらないことをやっているというか、自分の本当の動き方やしなやかさみたいなものを追求しています。どういうプレーを目指しているかによって、それぞれアプローチは違うと思います。 

――40歳以降に、やりたいことはありますか。   

西:イメージが湧かないので分からないですよ。その時にどう考えているかでしょうし、釣りはやっているでしょうけど()。ただ、選手を終えた時に色々な選択肢を持てるよう、準備はしています。

――対戦した日本人選手で凄かった人はいますか。   

西:コンスタントにやっているという意味で言うと、ヤット(遠藤保仁)さんや中村憲剛さんが凄いと思います。

――鹿島アントラーズについて、どう思いますか。   

西:応援してくれるサポーターは非常に有り難い存在ですし、鹿島は自分を成長させてくれている貴重な場所です。

――最後に。プロ選手として生き残るためには、どうするべきでしょうか。  

西:こればかりは、色々な要素があると思います。1番はメンタル、想いの強さでしょう。  ()

■プロフィール

西 大伍(にし だいご)
1987828
北海道札幌市出身
J1リーグ鹿島アントラーズ所属
ポジションは、DFMF
元日本代表鹿島アントラーズ
http://www.so-net.ne.jp/antlers/


取材協力/鹿島アントラーズ

試合写真/瀬川泰祐
練習写真/八木茂樹
取材写真/池田鉄平 佐久間秀実

鹿島は「鹿島は自分を成長させてくれている」語る西選手。

やはりプロサッカー選手としてプレーする以上、タイトルを獲った経験があるのとないのとでは全然違うのではないでしょうか。

決して長くはない現役時代に多くのタイトルを獲得することで、勝つチームの雰囲気や姿勢を知ることができます。

やはりプロスポーツは結果が全ての世界。

選手としても監督としても結果を出さないと評価されませんし、その結果の最たるものがタイトル獲得ですよね。

西選手といっしょにもっともっとたくさんのタイトルを獲得したいですね。

そのチャンスが週末やってきます。

絶対に勝ちましょう!!

頑張れ大伍!!

頑張れ鹿島アントラーズ!!!

<King Gear>西大伍、インタビューvol.1「本当はサイドバックやりたくないですよ(笑)」

<King Gear>西大伍、インタビューvol.2「鹿島は試合に懸ける本気度がかなり強い」

 

血を繋げる。 勝利の本質を知る、アントラーズの真髄

関連リンク

-トピックス, 選手
-

Copyright© 鹿島アントラーズ全力応援サイト【カシマアンテナ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.