トピックス 試合

上手くやれば勝てた清水エスパルス戦

投稿日:

色々と忙しく更新ができませんでしたが、待ちに待ったJリーグが開幕しましたね。
今年は金曜日開催があったりと3日間にわたって第1節が行われました。

我らが鹿島アントラーズの第1節の相手は清水エスパルスでした。
昨年なんとか残留し、監督がヨハンソン監督に変わりましたが見事にチームとして固めてきた印象です。

特に守備の面は2CBを中心に安定していたように思います。
ファンソッコもさすがのプレーでしたし、あれくらい安定していると2TOPや複数人が絡んだコンビネーション、そしてピンポイントのパスやクロスが入らないと中々ゴールわ割れません。

しかしながら決定機もあり、特に後半は清水の運動量も落ちて完全に鹿島のペースなりました。

そういう意味では前半をスンテの2試合連続のPKストップ(その前に2試合連続でPKを与えるな)があり無失点で終わることができた時点で、勝つチャンスは十二分にあった試合でした。

鹿島は本当にゲームコントロールができているのか?

後半は鹿島がボールを持つ展開になり、セカンドボールも拾えていたと思います。

その結果決定機も作ることができていました。

しかしそれは清水の運動量が落ちたことや、逆に鹿島の選手が動けるようになってきたからという部分が強いです。

そういう意味ではゲームコントロールができていたかというと、できていないと思います。

鹿島はやはり2ボランチがゲームコントールをすべきだと思います。

レオシルバと三竿の2ボランチはボール奪取能力は素晴らしいです。そこに文句はありませんよね。

でも本来ボランチの位置でボール奪取をすれば、イコール効果的な攻撃が展開できるはずです。

しかし今の鹿島はどうにもそれができていませんよね。

ボールを奪取し、素早く前の選手に繋げサイドのスペースを上手く使って攻め切るとう形が出せていないんです。

今の攻撃は中盤でボールを奪取しても結局相手の守備陣が揃った状態での攻撃になってしまっています。

その問題はやはりボランチにありますよね。

中盤絵ボールダッシュをしても、そこから一気に攻めるのかしっかりと攻撃の形を作るのかはボランチの判断になります。
それがすなわちゲームをコントロールするということですよね。

今はレオシルバはボール奪取ごの判断が遅く逆に奪われるというリスクも発生していますし、三竿選手もボールを奪った後の選択肢が少なく、焦って縦パスを出してまたボールを奪われるという展開が多く見受けれれます。

小笠原選手待望論がサポーターの中で出るのはこの部分です。

小笠原選手のようにボールを奪ったら瞬時にスペースを把握し、そして遠くの選手から見ていく。相手が揃っていればしっかりと横パスやサイドチェンジを行いながら相手を動かしてこちらから相手のスペースを作ような展開ができていないんですよね。

これが出来ないと全ての攻撃が個人に頼ったプレーになりますし、確率の低いパスが多くなりボールを奪われ守備に回るという機会も多くなります。

結果的に相手の運動量が落ちるのを待たないと鹿島の時間帯は作れないということになります。

清水は開幕戦ということもあり運動量もあり、プレーの強度も強くて気持ちも入っていました。
そんあ相手に対してこのようなゲーム運びでは勝っていくことは難しいですし、むしろ負ける可能性が高くなります。

昨シーズンもそうでしたが、相手チームは鹿島戦でモチベーション高く入って来ますし、こちらから相手を動かしてゲームをコントロールするような試合運びができないとこのあとの試合も0-0、1-0などの試合が多くなりますね。

大岩監督の手腕が問われる

今シーズンに入り公式戦を3試合戦いました。

ACLは1勝1分。そしてJリーグは引き分けとうことになりました。

でも内容を見ると特にJリーグでは正直期待できる内容ではありません。

ACLとJリーグの試合の決定的な違いは、「分析力」にあると思います。
ACLの相手はJリーグに比べれば鹿島への分析はそこまで出来ていません。

もちろん対策はしてくると思いますが、そういう意味では個対個のような戦いでも鹿島の選手の能力があればある程度は結果が付いてくるかもしれません。
もちろんグループリーグ突破は必須ですし、そこにしっかりとチーム力も上乗せして確実にしなければなりませんが。

ACLにくらべてJリーグの対戦チームはかなりの分析をして、対策をしてきます。
特に鹿島は昨年と大きくは変わらない人で戦っています。
その分相手の分析がより的確になりますね。

そうなると個ではなくチームとしてしっかりと戦わないと勝ち続けるのは難しいです。
清水戦はそういう意味で大きな課題がありました。

この課題を選手を変えることで改善するのか、変えずに意識づけて改善するのかは監督の手腕になります。

ボランチの二人のプレーについて指摘しましたが、逆に言えばボール奪取というのは今のボランチの二人の長所であり、その長所は出しているとも言えます。

次節のホーム初戦となるガンバ大阪との試合のスタメンがどうなるのか。

そしてスタメンが変わらなかった時の試合内容がどうなのか。

大岩監督の手腕に大いに注目ですね。

 

関連リンク

-トピックス, 試合
-

Copyright© 鹿島アントラーズ全力応援サイト【カシマアンテナ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.