http://www.so-net.ne.jp/antlers/antlers-today/cate01/64652

トピックス 試合

【Jリーグ第5節】vsコンサドーレ札幌戦 レビュー 〜 どうして点が取れないか考えてみた

投稿日:

Jリーグ第5節のコンサドーレ札幌戦はスコアレスドローに終わりました。
といっても完全な誤審もあり、ドローすら助かったという印象の内容でしたね。

5試合が終わって勝ち点は8、得点2、失点1という結果です。

むしろ得点が2しかないのに勝ち点8を積み重ねていることが意外という感じで、それはやはり守備陣が粘り強く守れている(運も込み)からですね。

ということで、明らかに得点が取れていないのが問題なのは誰がみても明らかです。

札幌戦の内容を加味しながら、得点が取れない原因がどこにあるのか鹿島ウォッチャーなりに考えてみました。

「試合を作る」選手がいない

まず札幌戦のメンバーをみてもやはり「試合を作る」選手がいません。
過去の選手で言えば本山や柴崎といった選手、今で言えば遠藤や西などがその選手に当たるのかもしれませんが、「試合を作る」選手がいないことで全ての攻撃に緩急がなく、相手が守りやすい攻撃ばかりになっている状況があるように思います。

この試合では西がベンチ入りしており、その西をロスタイム直前で投入するのはどう考えても遅すぎる采配だったと思いますが、ゲームを通して大きくリズムが変わることなくただただアタックしては止められるという状況でした。

例えば遠藤が先発していればタメを作ったり裏へ走ったりという動きをするでしょうし、ボランチに小笠原がいれば長短のパスやサイドチェンジを使いながらゲームをコントロールできていたかもしれません。

そういう意味で大岩監督の選手選考にも問題があるように感じます。

鹿島というチームは相手の良さを消しながら相手のスキを突いていくことで勝っていくチームだと思います。

それをすることなくただただバカみたいにアタックしているようでは、「鹿島らしさ」や「したたかさ」なんて発揮できませんよね。

やはりチームをチームとして機能させるための選手選考が必要であり、この部分は大岩監督の判断が足りていないと思います。

ある程度のルールを決めるべき

今のチームには少し個々の自由度が高すぎるように感じます。
2列目に関し絵は両サイドの選手が流動的に動くのはいいと思いますが、特に金崎選手に関しては少し下がってボールを受けるシーンが多すぎます。
これは去年にはあまり見られなかったことです。

金崎選手が一番仕事をするべき位置は当然ながらゴール前であり、中盤まで下がって中盤での組み立てにも参加してしまっていることで、大事な時にゴール前にいないという場面もあります。

自由度が高いことは連動することで相手守備陣を混乱させることにもできますが、逆に連動が無いといるべきポジションにいるべき選手がいなかったり、機械的な連動も無くなります。

ここはバランスだと思いますが、現状はルールが無さすぎるためにパスも相手を確認しながら足元へのパスが多いですし、大事な場面でポジションが重なったりどの選手がどのスペースを使うのかなどでもギクシャクしている印象です。

これも監督がしっかりと各選手が守るべきルールをはっきりさせることで、逆にそれを守ればあとは流動的に動くということを指示すべきだと思います。

それをやらないと、いつまでたっても攻撃の形はできませんよね。

結局は大岩監督の手腕

点が取れない理由を考えてみましたが、結局は大岩監督の選手選考とチーム内の整備がが大切では無いかという印象です。

やはりJリーグでは相手もしっかりと研究して対策をしてきます。
実際札幌戦も鹿島のプレスの裏を描くように裏のスペースを使われたりバイタルエリアを使われたりと、守備としては全くハマっていない状況でした。

そういった中で得点をしていくためにはチームとして連動した攻撃が必要です。

実際に監督のコメントでも連動した攻撃を意識した発言がありますが、それが全くできていない原因は「見なくても誰がどこにいるかわかる」という状況が作れていない体と思います。
「見なくても誰がどこにいるかわかる」状況であれば必然的に判断スピードも上がりますし、パス一本でそのあとの連携が自動的に連動したりするものです。

判断スピードと機械的な連動があれば相手DFとしても「分かっていても止められない」攻撃となります。

これは得点が取れていた時のミシャ時代の浦和がいい例ですね。
よかった時の浦和は相手がどうやって攻撃してくるのか分かっていても得点が取れており、それはやはり機械的な連動によるものでした。

鹿島の選手のクオリティは疑う余地がありませんし、点を取れる選手も試合を作れる選手もいます。

その選手たちのポテンシャルをしっかりと活かして「チーム」として連動できるように、大岩監督には期待します。

それができなければJリーグでの苦戦は続いてしまうかもしれません。

私たちサポーターとしても叱咤激励を含め、しっかりとサポートしていきましょう。

頑張れ鹿島アントラーズ!!!

 

関連リンク

-トピックス, 試合
-

Copyright© 鹿島アントラーズ全力応援サイト【カシマアンテナ】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.