http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15120526736951

トピックス 試合

<茨城新聞クロスアイ>鹿島、有終の美を

投稿日:

鹿島、有終の美を J1優勝争い、2日決着

紅白戦で競り合う金崎(右)と安部。後ろは山本=クラブハウスグラウンド

紅白戦で競り合う金崎(右)と安部。後ろは山本=クラブハウスグラウンド

J1は11月29日の第33節最終日で2位川崎が浦和に1-0で勝利し、勝ち点を69に伸ばした。優勝の可能性があるのは同71で首位の鹿島と川崎の2チームで、2日の最終節で決着する。鹿島は敵地で磐田、川崎はホームでJ2への降格が決まっている大宮と対戦する。キックオフはともに午後2時。

鹿島は第32節第1日の浦和戦で勝ち、優勝に王手をかけたが、第33節第1日の柏戦は引き分けで足踏み。2節とも川崎の試合が同日開催ではなく、「試合なし優勝」の可能性が2度あったが、いずれも川崎が勝ったため、優勝は持ち越された。鹿島は最終節で勝てば自力で優勝が決まる。

1シーズン制で行われたJ1で、最終節まで優勝争いがもつれたのは過去9回。鹿島はそのうち7回に絡み、優勝4回、逃したのは3回ある。

直近の2014年は鳥栖に0-1で敗れ、3位からの逆転優勝はならなかった。ただ今季と同様に首位だった3回は、全て逃げ切っている。

鹿島は30日、磐田戦を見据えた紅白戦を実施。前日に優勝が決まらなかった影響はなく、選手らは気迫あふれるプレーを見せた。29日に日本代表に初選出された山本は「最終節で勝って優勝するだけ。代表では自分の特長を出したい」と意気込んだ。 (藤崎徹)

○ 鹿島、過去の最終節での優勝争い ○
・年 最終順位 試合結果 相手
1996 優勝A●0-5 V川崎 敗戦も2位横浜Fが敗れ優勝
2005 3位H○4-0  柏 優勝のG大阪に勝ち点1届かず
・07 優勝H○3-0 清水 浦和が負け逆転優勝を果たす
・08 優勝A○1-0 札幌 自力で優勝決める
・09 優勝A○1-0 浦和 自力で優勝決める
・13 5位H●0-2 広島 ホームで広島の優勝を許す
・14 3位H●0-1 鳥栖 優勝のG大阪に勝ち点3届かず
※1シーズン制に限る。Hはホーム、Aはアウェー
96年は30試合制、そのほかは34試合制

スポンサーリンク

 

茨城新聞クロスアイで最終節に向けて準備する我らが鹿島アントラーズの様子が報じられています。

過去の最終節での優勝争いの歴史も掲載されていますね。

これを見ると13、14年は最終節で破れています。

今年はチームとしての成長を見せる時でしょうかね。

こうゆう大事な一戦をものにすることでチームは大きく成長します。

絶対に勝ってJリーグ制覇、そして連覇を手にし、さらなる成長に繋げたいですね。

私たちサポーターもその素晴らしい未来に向けて、最終節は全力で応援しましょう!!

頑張れ鹿島アントラーズ!!!

 

関連リンク

-トピックス, 試合
-

Copyright© 鹿島アントラーズ全力応援サイト【カシマアンテナ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.