http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20180206-OHT1T50076.html

トピックス 選手

内田篤人、7年半過ごしたドイツで起こった自身の変化 - 報知

投稿日:

【鹿島】内田篤人、7年半過ごしたドイツで起こった自身の変化

ドイツ2部ウニオン・ベルリンから8シーズンぶりに鹿島へ復帰した元日本代表DF内田篤人(29)=鹿島=がスポーツ報知のインタビューに応じ、7年半を過ごしたドイツでの自身の変化を語った。ドイツ1部シャルケで7年、ベルリンで半年プレーする中で、日本代表に対する思いや行動が変わった。3大会連続選出を目指すロシアW杯に向け、巻き返しのシーズンが始まる。(構成・内田 知宏)

 14年ブラジルW杯で1次リーグ敗退が決まったコロンビア戦後、内田はテレビ局のインタビューに日本代表からの引退を「考えている」と語った。日本代表の主力右サイドバックで、まだ26歳だった。そのルックスからサッカーファン以外からの支持も高く、当時は大きなニュースになった。「なんだろうねえ」と当時を思い返すようにゆっくり口を開いた。

 「自分でやめると言って、自分をやめられない状況に追い込んだというのが本当のところ。自分が頑張ってやるために。追い込むために。ああいうことがなければ、あのままダラダラ続けていた気がするから」

 欧州CLやドイツ1部リーグで世界を相手に戦っていた。その合間を縫って、12時間以上のフライトで日本代表に合流する生活を続けた。体への負担は大きかった。日本の1次リーグ敗退を受け「日本のために」という気持ちも強まったが、ロシアまでの4年間を走り出すためには、背中を後押ししてくれる何かが必要だった。そこで代表から引退しないことを決めた上で、あえて口に出した。

 言葉通り代表から引退することはなく、後任のアギーレ、ハリルホジッチ監督からも招集された。だが、15年6月に右ひざを手術して以降は代表から遠ざかった。16年末に実戦復帰するまで長いリハビリ生活へ突入した。「こんな脂の乗った時期に、プレーできないのはマイナスでしかない」とも言った。日本代表のとらえ方にも変化が生まれたのは、ピッチから遠ざかっていた時期のことだ。

 「友達とかに『代表でプレーしてほしいな』と言われる。『そうじゃないよ』と若い時は思っていた。シャルケやCLの(試合の)方がレベルが高いのに、なんでそっちばかり言うんだと思った。俺の性格的に代表、代表って言われるたびに応えたくなくなっちゃう。でも、それが日本の国のサッカーの見方だと理解できるようになってきた。日本ってそういう歴史で、ここまできたんだよね。それに気づいてから(負担などは)何とも思わなくなった。純粋に代表でプレーしたい」

 もう一つ、ブラジルW杯後に決意したことがあった。それは「W杯で日本を勝たせられる選手になること」。これまでは黙々と練習するタイプだったが、鹿島復帰後は同僚に「そこ、行く!」「もっと!」と要求している。きつい練習になればなるほど元気に声を張り上げる。

 「みんなに『うるせえ』って思われてもいいんだよね。自分が口にすれば、それが自分にはね返ってくる。言っている俺はサボれないから、自分のために言っていることでもある。ドイツでやってきて、CLに出て、シャルケでスタメンを張ってきたからって、鹿島を優勝させられる保証は何もない。マークされて難しいと思うし、研究もされる。そういう目で見られる中で、どれだけやれるかも含めて自分の力じゃないかな」

 昨年、第1子となる長女が生まれた。今までは自分のためにサッカーをやってきたが、その考え方にも変化が出たという。

 「親は何が一番幸せか。自分の子どもが幸せなのが、幸せなんだと感じる。娘が楽しそうにしているのが、俺は一番幸せだなと思ったから。俺が幸せなら、俺の親も幸せなんだな、と思う。今まで散々試合に出られず心配かけたけど、鹿島に戻って試合に出たら、楽しそうにサッカーしていたら、親は幸せだよね?」

 宮崎キャンプではフルメニューをこなし、プレシーズンマッチの水戸戦(3日)でも先発出場。今季初の公式戦となる14日のACL上海申花戦(カシマ)へ向け、順調な調整を続けている。10年南アフリカ大会はメンバー入りしたものの出場機会がなかった。14年ブラジル大会はピッチに立ったが1勝もできなかった。自身3大会目の代表選出を目指すロシア。リハビリを含めた4年間の変化を進化にするための戦いが、まもなく幕を開ける。

 ◆内田 篤人(うちだ・あつと)1988年3月27日、静岡・函南(かんなみ)町生まれ。29歳。2006年に清水東高から鹿島入りし、不動の右サイドバックとして07~09年のリーグ3連覇に貢献。08年北京五輪代表。19歳でA代表に初選出され、W杯は10年南アフリカ大会、14年ブラジル大会に選出。10年7月にドイツ1部シャルケへ移籍し、17年1月に同2部ウニオン・ベルリンを経て、今季鹿島へ復帰。国際Aマッチ74試合2得点。ドイツ1部104試合1得点。同2部2試合無得点。176センチ、62キロ。

スポンサーリンク

 

ドイツでの貴重な経験を経て鹿島に復帰し、鹿島で早くも存在感を示す内田選手の記事が報知で記事になっています。

内田選手自身もW杯の落選と出場、CLへの出場など様々な経験を経て鹿島に復帰し、今度は鹿島での立場をしっかりと理解して望んでいることがわかりますね。

ACL初戦に向けて残り1週間くらいになりました。

聖地カシマスタジアムで内田選手が躍動する姿が今から楽しみですね♪

頑張れ篤人!!!

 

関連リンク

-トピックス, 選手
-

Copyright© 鹿島アントラーズ全力応援サイト【カシマアンテナ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.