トピックス 選手

<GOAL>昌子源「結果ゼロというのは大きな数字」

投稿日:

北朝鮮に辛勝も日本代表DF昌子源「結果ゼロというのは大きな数字」と無失点に胸を張る

日本代表はEAFF E-1 サッカー選手権 2017 決勝大会の初戦で朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦。MF井手口陽介の決勝ゴールにより、1-0の勝利を収めた。試合後、DF昌子源が苦しんでもぎ取った勝利を振り返った。

9日にEAFF E-1サッカー選手権の初戦が行われ、日本代表は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦。試合は井手口陽介(ガンバ大阪)の劇的ゴールで1-0と日本が辛くも勝利を収めた。試合後、DF昌子源(鹿島アントラーズ)が苦しんでもぎ取った勝利を振り返った。
試合中、北朝鮮代表は徹底的に引いて守り、ロングボールでのカウンターを狙い続けた。昌子は「あそこまで徹底されると、言い方は悪いですけど、そこまで強くない相手が強くなるサッカーだと思うんですよ。僕らもずっと一緒にやってきたメンバーじゃない中で、今日は(中村)航輔がすごいビッグセーブで防いでくれて。ピンチもあったけど、結果ゼロというのは大きな数字だったなと思います」と、守備の選手としての手応えを口にした。

攻撃に関しては、「ハリル(ヴァイッド・ハリルホジッチ)監督はどちらかというと縦に速いサッカーですけど、それがなかなかできなかった」と振り返る。後半から少しずつ自分たちのペースを取り戻したことについては、「話し合いもしましたし、(川又)堅碁くんが開いて、(金崎)夢生くんがサイドに流れたり、そういういろんな変化を加えてくれてた」と分析した。

スポンサーリンク

 

今日のような一旦引かれた状態からの戦術を取られるとスペースもないですし、縦に早いサッカーは難しくなりますね。

伊東選手がはいり、さすがのアジリティで抜け出すシーンもありましたが、戦術としては全くといって効果的ではなかったですね。

そんななかカウンターや相手の長所を活かしたプレーでピンチを迎える場面が目立ちました。

昌子選手としても厳しい展開だったと思いますが、中村選手の活躍もあり0で抑えることができました。

これを自信にして次の試合により良い結果が得られるように頑張って欲しいですね!

頑張れ源!!!

 

関連リンク

-トピックス, 選手
-

Copyright© 鹿島アントラーズ全力応援サイト【カシマアンテナ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.