https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180110-01649273-gekisaka-socc

トピックス 選手

犬飼智也「絶対に出られないチームなら選んでない」 - ゲキサカ

投稿日:

昌子&植田に挑むDF犬飼智也「絶対に出られないチームなら選んでない」

あえて高い壁に挑戦した。清水から完全移籍で鹿島アントラーズに加入したDF犬飼智也はDF昌子源、DF植田直通という日本代表コンビとポジションを争うことになる。

「勝負する覚悟はつくってきた。自信は持ってきたし、試合に絶対出られないチームだったら選んでいない。大きな挑戦だけど、自信を持って臨みたい」

 清水の下部組織出身で、12年にトップチームに昇格。13年6月からの1年半は松本に期限付き移籍した。ここまでJ1通算37試合、J2通算89試合に出場。身体能力の高さ、ヘディングの強さには定評があるセンターバックは「松本もそうだし、(鹿島で)勝負できる覚悟を清水でつくらせてもらった」と、自分を成長させてくれた古巣のためにも、鹿島で定位置を勝ち取る決意だ。

 道のりは簡単ではない。昌子、植田というライバル2人については「昌子選手は能力が高いし、しっかりしたセンターバックのイメージ。今の日本で自分が一番なりたいと思う選手。植田選手はだれが見ても能力はピカ一。身体能力を生かした守備は魅力だけど、タイプ的には自分は昌子選手に近いと思う」と分析する。

「自分が成長できるチームだと、オファーをもらったときに思った」。高い壁だからこそ、そこを乗り越えればさらなる高みに行ける。鹿島でレギュラーを勝ち取れば、日本代表も見えてくるだけに、犬飼自身も「そこが目標」と野心を隠さない。

 国内3大タイトルで通算19冠を誇る常勝軍団。「結果が表しているとおりだけど、対戦していても手強い、勝負強いイメージがある。練習をしていても勝負に対する思い、タイトルに対する思いをひしひしと感じる。自分もその環境に早く慣れて、その一員になれたらと思う」と意欲的に話すと、昨季の無冠からタイトル奪還を目指すチームで「そこに必ず自分が貢献しないといけない。タイトルを取るために自分がやれることを出し切ろうと思っている」と決意を口にした。

スポンサーリンク

 

あえて日本代表CBが二人揃った鹿島に移籍してきた犬飼選手。

その決意は並みのものではないですよね。

でも逆に言えば、この状況で鹿島で試合に出ることができれば、イコール日本代表への道が開けるということだと思います。

犬飼選手が選んだ道は厳しい道ですが、日本代表への最短ルートです。

犬飼選手の鹿島での活躍と、成長をサポーターとして全力で応援しましょう!!!

 

関連リンク

-トピックス, 選手
-

Copyright© 鹿島アントラーズ全力応援サイト【カシマアンテナ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.