天皇杯

https://www.kashima-antenna.com

コラム

<天皇杯>鹿島は勝ち方を忘れてしまったのか・・・

投稿日:

我らが鹿島アントラーズが天皇杯順々決勝でヴィッセル神戸に悔しい敗戦となりました。

後半ロスタイムの使い方。。。

あまりにももったいなかったように思います。

大岩監督の采配は「守り切る」とうメッセージが込められていました。

あの時間帯で追いつかれることの意味は、ただの1-1ではありません。

ヴィッセル神戸は攻撃のカードを切り、鹿島が守りのカードを切った時点で、延長戦に入ることは劣勢を意味します。

それでも選手たちは精一杯頑張ってくれました。

問題は「チームとして勝ち切る」ことができなかったということにあります。

悔しい敗戦となりました。

あとはJリーグしか残っていません。

鹿島アントラーズは敗戦を糧に勝ってきました。

今日の負けを、必ずや明日の勝ちにつなげなければなりません。

私たちサポーターも、この悔しさを胸にJリーグタイトルを絶対に獲るという気持ちでチームを鼓舞していきましょう。

頑張ろう鹿島アントラーズ!

関連リンク

-コラム
-

Copyright© 鹿島アントラーズ全力応援サイト【カシマアンテナ】 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.